髭(ひげ)が青い、肌荒れ…男性エステで髭脱毛したほうがいい?

男性の髭剃り

こんにちは!

生粋の面食い、「男性も全身ツルツルに!」と訴え続けている美容ライターの青花です。

私の個人的な趣味はどうでも良いですが、最近は女性の間でも人気になる男性有名人は、ちょっと中性的な顔立ちの男性が多いような気がしませんか?

髭なんかはじめから生えていなかったような、色白のスベスベお肌。

中には髭をカッコ良く整えて、本人の魅力を上手に引き出している芸能人男性もたくさんいますが、男性でも髭や腕、足、ワキなどの脱毛をする人が増えてきているのが現状です。

そこで今回は、

    • 毎朝の髭剃りがストレス
    • 髭の剃り跡が青くなって、カッコ悪い!
    • 毎日の髭剃りで、肌荒れが……

 

と悩む男性のため、青髭の対処法と、男性エステの髭脱毛について紹介します。

 

◆「髭(ひげ)」ってどこからがNGなムダ毛?「かっこいい髭」と「ダサい髭」の違いとは?

かっこいいヒゲの男性

個人的には、「男性の髪の毛以外は、皆ムダ毛」と考えています。

そんな「男の髭反対!」の意志を表明している筆者ですが、とはいえジョニー・デップの髭はカッコいいと思ってしまいます。

つまり、

 

「髭が基本イヤだけど、結局のところ、似合っていればOKかも……」

 

「あまりにもツルツルだと、それはそれで引く」

 

といった意見もあり、女性はワガママな生き物のようです……(スミマセン)。

 

・髭とムダ毛の境目ってある?

髭の男性

「髭はどこからムダ毛?」の答えは、個人差が大きいので一概には言えません。

一般的に、日本人は清潔感をとても大切にする国民性がありますよね。

髭のみに関して言えば、

 

「ある程度の清潔感が見られるならOK」

 

という風潮があるようです。

極端な話、野武士のように髭がもじゃもじゃな風貌では、

 

「不潔そう」

 

「この人、仕事していないのかな」

 

といった、生活面まで見られてしまう危険性もあります。

 

デザイン髭からはみ出している髭はムダ毛

意識の高い男性の間では、「デザイン髭」という髭の整え方が主流になってきています。

意図を持って整えられた髭は、見ていても美しくてかっこいいですよね。

しかし、明らかにデザイン髭からはみ出している、

 

    • 頬にまばらに生えている髭
    • 下顎から首に生えている髭の剃り残し
    • もみあげと繋がっているのかいないのかわからないような髭
    • 鼻毛と繋がりそうな髭

 

などは、

 

剃り残し?

 

ダサい

 

仕事できなさそう

 

などと思われてしまう代表格だと言えるでしょう。

 

・「カッコいいヒゲ」「ダサいヒゲ」とは?

カッコいいヒゲの男性

「ダサいヒゲ」というのは、髭の形ではなく、例えば、

 

「不潔感がある」

 

「無精して、髭を伸ばしっぱなしにしただろうな」

 

ただの剃り残し

 

と思えるような髭のことを言うような気がします。

髭がカッコ良く、サマになっている男性芸能人や有名人を思い出して下さい。

どの人も綺麗に髭を整えていませんか?

やはり無精ひげやそり残しが目立つ青髯はイメージが悪く、

 

「ダサいヒゲ」

 

との評価を付けられやすいようです。

 

「楽して作れる美しさ(カッコ良さ)はない」、これは男性・女性問わず鉄板ですね。

 

◆髭の悩み、自己処理で対処する方法は?

 

・毛を抜くのはNG!

毛抜きを持つ男性の手

髭を剃ると青髭になるから、つい毛抜きなどで引っこ抜きたくなる……その気持ちはわかります。

しかし、髭を抜くのはNGです。

髭を抜くと、その毛が伸びた際に断面が目立って濃く見えてしまいます。

傷ついた毛穴から雑菌が入り、膿を持ってしまう「毛嚢炎(もうのうえん)」。

新しく生えてきた髭が皮膚の中で埋もれてしまう「埋もれ毛(うもれげ)」「埋没毛(まいぼつもう)」。

など、顔には絶対に避けたい症状の原因にもなってしまいます。

顔に毛嚢炎や埋没毛のある男性は、女性からの印象も悪いことは言うまでもありませんが、同性として、また、仕事の取引先としてもイヤじゃないですか?

周囲から、

 

「信頼できない人」

 

というイメージさえ抱かれかねません。

 

・カミソリは肌を傷める原因にも

カミソリで髭剃りをする男性

カミソリを毎日使用している男性もいるでしょうが、カミソリは毛だけでなく肌の表面にある角質を一緒に削り落としてしまいます。

そのため毎日使用していると、カミソリ負けを起こしたり、肌荒れを起こしたりしてしまうこともあります。

女性から見ると、毎日あんな太い髭をカミソリで剃って、よくお肌は大丈夫なんだな……と思います。

確かに女性より男性の方がお肌は強いのかもしれませんが、実際にはお肌にとても負担がかかっていることは間違いありません。

 

・除毛クリームは髭が薄い人に効果的

除毛クリームで取れたムダ毛

髭はすね毛や腕の毛に比べると、2倍近い太さがあります。

男性の顔用の除毛クリームは、髭が薄い人には効果的ですが、太い髭にはあまり効果が見られないようです。

またカミソリ負けをしやすい、敏感肌の人は、除毛クリームの成分が肌荒れを起こす可能性もあります。

使用の際は、パッチテストを行うなど、充分に注意するようにして下さい。

 

・髭専用の抑毛ローションを根気強く使用

化粧水

抑毛ローションは、抑毛成分のある化粧水によって濃くて固い髭を、細く柔らかくしていきます。

そのことで処理がしやすく、青髭も目立たない毛に変えていきます。

抑毛ローションは、短期間に劇的な効果が見られるものではありませんが、根気強く使用していくことで徐々に髭が薄くなり、髭剃りによる肌の負担も少なくなります。

値段は1ヶ月2,500〜4,000円と少し高い商品ですが、髭の濃さにコンプレックスを感じているのでしたら、試して損はないかもしれません。

 

・他の部位も脱毛するなら、家庭用脱毛器

家庭用脱毛器のケノン

最近は、家庭用脱毛器も進化していて、なかなかの性能を持ったものも増えています。

ですが、その分、本体価格もなかなか……!

10万円前後するのものが主流です。

髭脱毛のためだけに購入するのはやや気が引けますが、今後、腕や足など他の部位も脱毛するつもりであれば、購入してもいいかもしれませんね。

ただし、家庭用脱毛器も、エステでの脱毛と同様に痛みがあります。

エステティシャンに施術してもらうのと違い、自分で自分の肌に照射するのは、意外と勇気がいるものです。

男性は、女性に比べてこの手の痛みに慣れていないため、挫折する人も多いとききます。

また、施術後に冷やしたりするアフターケアも、自分では不十分になってしまう可能性があります。

不安な方は、エステで施術してもらうことをおすすめします。

 

関連記事
除毛クリーム、メンズエステ、家庭用脱毛器の比較 の記事はこちら

 

◆髭が青くなるのをどうにかしたい! どうすればいい?

髭の濃い男性

髭が濃い男性は、きれいにシェービングしても「剃りあと」が青く残るのが気になりますよね。

夕方になると、さらに口の周りが青くなるので、

 

「泥棒」

 

「変なおじさん」

 

「(お菓子の)カールおじさん」

 

などと呼ばれてしまっている男性も少なくないかもしれません。

最近は男性用の、

    • コンシーラー
    • BBクリーム
    • ファンデーション

 

などが販売されており、こうしたコスメで対策するのも選択肢のひとつです。

まずは、この3つの違いを簡単に確認しましょう。

 

・コンシーラーとファンデーションを使う

ファンデーション

コンシーラーは部分メイク用のファンデーションのことで、スポット的にシミや傷跡を隠すのに使います。

コンシーラーの「コンシール(conceal)」とは「隠す」という意味です。

ファンデーションはいわゆる「おしろい」で、顔全体に塗って肌色を整えたり、脂浮きを抑えたりするものです。

コンシーラーとファンデーションはセットで使うのが基本です。

はじめにコンシーラーで気になる部分を隠し、その上からファンデーションを塗って全体的に整える、という手順になります。

一般的にはファンデーションは女性のもの、というイメージが強いかもしれませんが、テレビに出る男性芸能人たちはみな、コンシーラーやファンデーションで肌色を調整していますよね。

 

・女性用のコンシーラーを使ったほうがいいかも?

女性用のコンシーラー

青髭隠しにコンシーラーを使うなら、もしかしたら女性用のコンシーラーを使用した方がいいかもしれません。

女性用のコンシーラーはカラーバリエーションがありますから、自分の肌色に近いカラーを選択することができます。

隠す、というよりも、剃りあとをさりげなくぼかして、目立ちづらくする、という感じです。

多少剃りあとの色は残りますが、全体に自然な仕上がりになった方がよいような気がするのですが、いかがでしょうか?

ドラッグストアなど、店頭のテスターで、ご自身の肌色と合わせてみるとよいと思います。

 

・BBクリーム、CCクリームを使う

化粧下地クリーム

BBクリームやCCクリームってよく聞きますが、それがいったい何なのかわからないという男性も多いかもしれません。

BBクリーム

BBクリームは、

 

  • 日焼け止め
  • 化粧下地
  • ファンデーション

 

の機能をあわせ持ったクリームです。

 

CCクリーム

CCクリームは、

 

  • 化粧下地
  • コントロールカラー(色味補正)

 

の機能をあわせ持ったクリームです。

 

BBクリームとCCクリームは、どう違うの?

BBクリームにはファンデーション効果もあるため、比較すると、こってり重たく肌にのる使い心地になると思います。

お肌をしっかりカバーしたい、という男性におすすめです。

一方、CCクリームにはファンデーション効果はなく、コントロールカラー(色味補正)に重きが置かれているので、BBクリームよりはライトな使い心地です。

どちらもクリームを塗っただけではテカってしまいますので、その後にファンデーションか粉おしろいのようなもので、少し抑えたほうがいいでしょう。

 

・コスメで青髭はどれぐらい隠せるの?

鏡を見る男性

これらコスメの髭に対するカバー力ですが、一般的な濃さの男性であれば、ある程度目立たなくすることができます。

が、髭が濃い男性の場合はあまり効果が感じられないようです。

男性用コスメの中には、はっきりと「ヒゲの剃りあと隠し」として販売されている商品もありますが、広告のようにまったく見えなくする、という効果はありませんのでご注意ください。

また、これらの商品は青髭だけでなく、

    • シミ、そばかす
    • ニキビ、ニキビ跡
    • 開いた毛穴
    • 顔色の赤み
    • 目の下のくま
    • 傷跡

 

などを隠すのにも使えますので、ひとつ持っておくと重宝するかもしれませんね。

 

・メイク落としの購入も必要!

メイク落としのジェル

男性の皆さんは、メイク落とし(クレンジング)を持っていませんよね。

ファンデーションやコンシーラー、BBクリームなどのコスメ(化粧品)は、油分でできています。

そのため、普通の洗顔料や石けんでは落ちませんので、メイク落しも一緒に購入しておく必要があります。

「石けんだけで落ちます」という商品も、実際はお肌のくぼんだ部分にどうしても残ってしまいます。

一般的には、メイク落としでメイクを落とし、その後、普段の洗顔料で洗顔をします。

w洗顔をすると、これまでの洗顔以上にお肌の油分をとってしまいますので、洗顔後の保湿などにも気を遣うことをおすすめします。

 

・コスメで青髭をカバーするデメリット

髭の青い男性

 

違う意味で目立ってしまう

  • 厚塗りしすぎている
  • 肌の色味にあったコスメを選べていない
  • 肌が荒れているので、化粧が浮いてしまう

 

などの場合、髭周りをコスメでカバーしていることがバレてしまい、違う意味で目立ってしまう可能性があります。

髭が濃い、太い、という人には、あまり向いていない方法かもしれません。

洋服などについてしまう

ファンデーションやコンシーラー、BBクリームなどの化粧品は肌色をしていますので、触ると洋服やハンカチなどについてしまいます。

特に白いワイシャツを着る男性は、襟元や袖口などについてしまう可能性が高いですね。

白だけでなく、黒い洋服にも目立ちます。

ワイシャツ、Tシャツ、ニットなどを着る際には、十分気をつけるようにしてください。

特に、頭からかぶるタイプの洋服には注意が必要です。

また、洋服を買いに行って、試着する時には、ファンデーションを付けないようフェイスカバーを着用する必要があります。

女性も常に気をつけているんですよ!

 

◆メンズエステで髭脱毛…費用や期間、痛み、メリットとデメリットは?

エステで脱毛相談

以上、ご紹介してきた自己処理、青髭対策ですが……

自分で書いておきながらなのですが、実際イマイチのものばかりなんですよね。

やはりいちばんいい方法は、思い切ってメンズエステで髭脱毛をしてみることだと思います。

時間や料金は少々かかりますが、毎朝の髭剃りや肌荒れ、コンプレックスから解消されるというメリットがあります。

「髭脱毛」と言うと、髭をすべて脱毛してツルツルにしてしまうのでは? というイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、むしろ全脱毛する人はまれです。

一生必要がなさそうな頬のあたりに生えている髭のムダ毛だけを脱毛したり、「全体的に薄くしてほしい」(減毛と言います)というオーダーをする男性が多いようです。

 

・メンズエステで髭脱毛、気になる料金は?

髭脱毛に興味があっても、「脱毛がよくわからない」「お金がかかるんでしょ?」などの理由で、二の足を踏む男性も多いでしょう。

髭脱毛は、

 

  • 医療レーザー脱毛
  • フラッシュ脱毛
  • ニードル脱毛

 

と、施術方法があり、料金もそれぞれ変わります。

また脱毛する部位(あごや口周り、頬など)によっても料金が異なります。

平均すると、髭全体を脱毛する場合に必要な金額は10万〜20万円くらいかかると思って良いでしょう。

「高い!」と思うかもしれませんが、

 

  • シェービングのために買うケア用品や、カミソリを今後購入しなくて良い
  • 髭剃りにかけていた時間が、自由に使えるようになる
  • コンプレックスやストレスから解消される
  • 清潔感が得られ、周囲からの評価が高くなる
  • モテる……!?

 

ということを考えると、そんなに高い買い物ではないかもしれません。

 

・やっぱり髭脱毛は痛いの?

髭脱毛を受ける男性

最近の脱毛は、

 

  • レーザー脱毛
  • 光脱毛

 

が主流です。

 

レーザー脱毛の痛み

レーザー脱毛は、一本一本の毛に対して照射していく脱毛法。

レーザーのほうが痛いと言われますが、その分脱毛効果も高いのが特徴です。

頬の毛など、ピンポイントに狙いたいムダ毛がある場合は、レーザー脱毛がいいでしょう。

 

光脱毛の痛み

光脱毛はある面積に対して一気に照射する脱毛法。

レーザー脱毛よりは痛みは少ないと言われますが、その分脱毛効果は弱いです。

全体的に髭を薄くしたいなどの「減毛」を希望している場合は、光脱毛をおすすめされると思います。

 

痛みには個人差がある

また、髭の濃さや太さなどによる個人差があります。

髭が濃い人、髭が太い人は、髭が薄い人、髭が細い人に比べて、痛みが大きいでしょう。

あとは、その人の痛みの「耐性」によっても印象は違ってきますよね。

同じ痛みでも「痛い」という男性と「それほどでもない」という男性がいるものです。

脱毛サロンの初回の無料カウンセリングでは、脱毛体験をすることができますので、そこで耐えられる痛みかどうか、判断するといいでしょう。

 

・髭脱毛のデメリット

髭脱毛のメリットばかり紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。

料金や痛みというものもデメリットといえますが、他にも、

  • 半永久的に髭が生えなくなるので、将来髭を生やしたいと思ってもできない
  • 乾燥肌になる可能性がある
  • 毛穴が炎症を起こし、毛嚢炎になる可能性もある
  • 肌が色素沈着してしまうこともある

 

などのリスクがあることも、事前に理解しておきましょう。

心配な人は、施術者(エステティシャン)にきちんと相談するようにして下さい。

 

◆まとめ

ひげ

今回は、青髭、髭剃りによる肌荒れに悩む男性に、自己処理やコスメでの対処法、メンズエステの髭脱毛について紹介しました。

髭脱毛はお金も時間もかかるものですが、クオリティを考えると、今後ますます利用する男性が増えていくような予感がします。

コンプレックスから解放されると、きっとあなたの顔の表情もイキイキしたものになりますよ!