男性の陰部(お尻・VIOライン)のムダ毛、みんなどうしてる?

陰部

女性はビキニラインの脱毛についても力を注いでいる人が多いのですが、それは男性も同じ?デリケートな部位ですので尻込みする人も多いのですが、男性のお尻のムダ毛やVIOラインは夏になると蒸れるし、臭いの原因になってしまうことも。

今回は、男性の陰部のムダ毛処理について、自己処理の方法やメンズエステでの脱毛の費用、デメリットなどを紹介します。

◆男性の陰部(お尻・VIOライン)のムダ毛、男性も処理する時代?

陰部を脱毛中の男性には大変失礼ですが、「脱毛時に勃起してしまったことがある?」のアンケート調査が書かれた記事に少し笑ってしまいました、すいません。

ちなみにアンケート調査の結果ですが、「ある」「少し反応したことがある」という人は、全体の80%近い数値が出ています。男性諸君、安心して(?)下さい。

ともかく、陰部の脱毛です。昔から女性は「水着を着るために、ビキニラインを脱毛しないと!」といった広告をよく見かけましたが、現在では男性も同じ種類の悩みを抱える時代です。

今回は、男性の陰部の脱毛について、自己処理の方法やメンズエステでの脱毛の費用、期間、デメリットについて紹介します。

◆男性の陰部のムダ毛、自己処理で対処する方法は?

・T字カミソリで剃る

自身が聞いた話ですが、知人男性は「切れ味が多少鈍ったT字カミソリでそっと剃る」といった処理をしている人がいました。確かにデリケートな部位ですので、うっかり傷をつけてしまっては大変なことになります。T字カミソリで陰部の脱毛処理をする場合は、安全機能のついたカミソリを使用するようにして下さい。I字型の電動シェーバーは細かい部分を安全に処理できるのでお勧めです。T字カミソリも女性用を使用すると、根詰まりが少なく剃りやすいですよ。

・除毛クリーム

カミソリでムダ毛を剃ると、時間の経過でチクチクとするのが困りもの。除毛クリームですと、毛を溶かして処理するので不快感からは解放されます。お肌を清潔にしたら、除毛クリームを気になる部分に塗って、数分間、放置します。その後シャワーやタオルで拭き取ると、毛がきれいに処理できます。

除毛クリームは、肌の弱い人には炎症などのトラブルが起こりやすいので、使用前に必ずパッチテストを行うこと、前後に保湿をすることを忘れないで下さいね。

関連記事
男性のムダ毛処理、具体的な3つの方法の記事はこちら

◆陰部のムダ毛をメンズエステで脱毛するとしたら……費用や期間、痛み、メリットとデメリットは?

すね毛や髭をメンズエステで脱毛するのは抵抗がなくても、デリケートな陰部を脱毛してもらうのは抵抗がある人もいるでしょう。しかし男性がメンズエステで施術を行う部位で、お尻やVIOラインを希望する人は非常に多いのだそうです。

・料金は?

男性のVIOラインの脱毛、料金は施術方法や毛の量によって増減がありますが、平均して5〜15万円前後で綺麗に脱毛することができます。もちろん「ツルツルにはしたくない」という人は「減毛」といって、全体の毛量を減らすことも可能です。

・メンズエステに通う期間は?

男性のVIOラインの脱毛に通う期間ですが、フラッシュ脱毛での施術で平均18回、レーザー脱毛で8回前後の施術で脱毛が完了します。もちろん個人の毛量や固さによって回数は増減しますが、大体半年〜1年を見込んでおくようにしましょう。

・痛みはどれくらい?

ちなみに痛みに関してですが、デリケートな部位ですのでそれなりの痛みは覚悟しておきましょう。しつこいかもしれませんが勃起したとしても平然とした態度を崩さずに。スタッフは見慣れていますし、下手にフォローしようと変なことを言っても、空気が重くなるだけです。天下の一大事でもないのですから、平然としていた方が恥の上塗りをしないで住みます。

・陰部脱毛のデメリットは?

メンズエステの脱毛は、施術後脱毛の手間が省ける、清潔感がある、臭いが軽減されるなどのメリットがありますが、デメリットも少なからずあります。

エステサロンで恥ずかしい思いをすることはもちろん、あまりにもツルツルだと逆に女性から引いた目で見られてしまう、施術後に毛穴が炎症を起こしてしまう可能性があるなど、リスクもあります。メンズエステで陰部の脱毛をする際には、脱毛のリスクに関してもよく検討した上で施術をするようにして下さい。

◆まとめ

陰部

男性の陰部、VIOラインの脱毛について、自己処理の方法やメンズエステでの脱毛の費用、期間、デメリットなどを紹介しました。デリケートな部分のムダ毛は誰かに相談するのも抵抗があるかもしれませんが、実は多くの人が脱毛をしている部分でもあります。

プロの手で除毛をしたいのであれば、メンズエステでの脱毛をしてみませんか?この夏は水着を堂々と着ることができますよ!