男の胸毛脱毛は、エステ VS 除毛クリームの二択! どっちを選ぶ!?

こんにちは、女性美容ライターの青花です。

今日は男性の胸毛のお手入れについて、一緒に考えてみたいと思います!

メンズエステで脱毛?  コツコツ自己処理?  どちらがいいのでしょうか?

また、自分で処理するなら、いちばんおすすめの方法はどれなのでしょうか?

 

男性の胸毛、女子の本音の口コミは……

女性からの人気、ワーストワンの胸毛。

日本人男性で、上の動画ほど胸毛が生えている方はいないと思いますが、

 

「胸毛は生えてないほうがいい」

 

という女性が圧倒的多数なのは、今も昔も変わらないようです。

先日、私の友人(女子)が飲み会で、男性の胸毛の話になったそうなのですが、

女子会の乾杯

 

生理的にちょっと……

 

やっぱり、基本的には、胸毛はないほうがいい!

 

でも、似合っていれば許せなくはない(笑)

 

という結論に至ったそうです。

ただし、「似合っていれば許せる」というのは、胸毛が似合うワイルド系のイケメンの男性ならOKということらしく、

  • 色白なのに胸毛が生えている
  • 華奢な体型なのに胸毛が生えている
  • 太っている上に、胸毛が生えている
  • 顔や髪型と、胸毛が合っていない
  • 普段のキャラと、胸毛が合っていない

 

となると、やはり問答無用に受け付けられないようです。

 

胸毛の自己処理って上手くできる?

ムダ毛のお手入れセット

そんなにも、女性に嫌われている胸毛。

同じく胸毛に悩む他の男性たちは、いったいどのようにお手入れしているのでしょうか?

 

胸毛を自己処理するには、

  • カミソリで剃る
  • 毛抜で抜く
  • 除毛クリームで溶かす
  • 家庭用脱毛器を使う

 

など、いくつかの方法があります。

でも、実際に胸毛の自己処理をはじめてみると、思ったより面倒と感じたことはありませんか?

時間をかけたわりには、あまりキレイにならない「クオリティの低さ」。

またすぐに新しい毛がチクチク生えてくる「コスパの悪さ」。

なんだかなあ……と虚しく思いますよね。

 

私・青花(女性です)も、全身脱毛をする前はそうでした。

デートする日の朝に自己処理でお手入れをしていっても、夕方や夜にはもう毛先が顔を出してきて、イヤだな……と思っていました。

でも数年前に全身脱毛をしてしまってからは、そういうお悩みとも無縁でラクラクです♪

 

◆芸人ペナルティ・ワッキーさんの脱毛が見事!

男性芸能人で、胸毛をはじめ、全身の脱毛に成功した人といえば、お笑い芸人「ペナルティ」のワッキーさんです。

ワッキーさんといえば、以前は体毛が濃すぎるとして有名でしたよね。

その体毛の濃さは、女性からも不評でした……。

ところがそのおかげで(!?)、TBCのメンズ脱毛企画「リアル脱毛プロジェクト」のモデルに抜擢!

今ではこんなにキレイな「ツルスベ肌」をゲットしているって知っていましたか?

 

 

TBCの企画や、脱毛前のワッキーさんの姿は、こちらの動画をチェックしてみてください。

左半身だけを脱毛し、ビフォーアフターを比べた「リアル半分マン」は一見の価値アリです!

※ちなみにその後、ちゃんと右半身も脱毛されていますのでご安心をw

 

◆脱毛サロンで胸毛脱毛・予約から施術までの流れ

ワッキーさんのキレイな脱毛っぷりを見たら、「俺もエステで脱毛してみようかな」と心が動いた男性の方も多いのではないでしょうか?

でもはじめて脱毛サロンに行くという時は、どんな感じなのか、ちょっと不安ですよね。

エステなどに行き慣れていない男性だと、特に不安だと思います。

そこでここでは、脱毛サロンで予約をしてから、施術までの流れをまとめてみました。

ぜひこの記事を参考に、イメージしてみてください!

予約

スマホ

まず、行きたい脱毛サロンを決め、初回体験&カウンセリングの予約を取りましょう。

脱毛サロンの予約には、電話とインターネット、2つの方法があります。

電話派の方は、脱毛サロンのホームページに「予約専用ダイヤル」の番号が表示されていると思いますので、そちらにお電話してください。

インターネットからの予約の場合は、サロンのホームページに用意された予約フォームに希望の店舗や日時を記入して送信します。

ネットからだと、予約の空き状況を見れる場合も多いので、そちらを確認してから日にちを決めるとスムーズです。

 

カウンセリング

脱毛サロンのカウンセリング

予約当日に脱毛サロンを訪れると、いきなり施術が始まるのではなく、まずは事前カウンセリングがあります。

脱毛の仕組みの説明や、ムダ毛の悩みのヒアリングを行ったり、

  • お肌の状態
  • 肌色
  • 毛量

などをチェックします。

 

デザインも考えておこう

脱毛のデザインも、この時点で打ち合わせます。

  • ムダ毛を全てツルツルにしたい
  • 一部のムダ毛だけ脱毛したい(=デザイン脱毛)
  • ツルツルはいやなので、全体的に薄くしたい(=減毛)

など、希望のイメージをあらかじめ決めておきましょう。

 

スタッフの方は百戦錬磨。

こんな要望を言ったら恥ずかしいとか、笑われるかも、などと考えず、オーダーを明確に伝えることが大切です。

たぶん、あなたが想像しているよりも、マニアックなオーダーをしている男性は存在しますw

また、細かい点ですが、乳輪の脱毛は別パーツになっている場合があるので、希望する場合は伝えておきましょう。

 

脱毛スタート! ジェルの塗布

脱毛で塗る冷却ジェル

脱毛の施術室に入り、いよいよ脱毛開始です。

まずは、脱毛する箇所に冷却ジェルを塗ります。

これは痛みや火傷を防止するために行っています。

ちょっとヒヤッとしますが、我慢してくださいね。

 

脱毛ライトの照射

光脱毛の施術

サロンの光脱毛は、1回の照射範囲は2cm×3cm程度。

この単位で照射を続け、ムダ毛を処理していきます。

所要時間は、もちろん処理範囲によりますが、胸部全体だと20分強くらいかかると思います。

ちなみに、脱毛ライトは目に入ると危険なので、施術時は保護ゴーグルをつけて行いますが、驚かないでくださいね。

 

アフターケア

脱毛後のアフターケア

脱毛した箇所にはライトの熱がこもっているため、ジェルを拭き取り、アイスバッグや冷たいタオルなどで冷却します。

保湿ローションなどで、スキンケアをしてくれる場合もあります。

この日は脱毛箇所に熱を溜めないよう、家でも熱いお風呂には入らないようにしましょう。

 

次の予約も入れておこう!

エステの受付

施術はこれで終了ですが、お店を出る前に、次の施術の予約を入れておくことをおすすめします。

後日あらためて予約を入れることももちろんできますが、顧客の多いお店だとすぐに予約が埋まってしまうこともあります。

また、スタッフの方は予約状況を把握していますから、予約がスムーズに取れるというメリットがあります。

 

◆胸毛脱毛って、ぶっちゃけ痛いの?

胸毛脱毛をする男性

美容に特に関心が高くない男性でも、「脱毛は痛い」という噂は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

現在広く採用されている光脱毛は、脱毛用のライトがムダ毛のメラニン色素に反応して熱を発生し、毛根にダメージを与えて脱毛させる仕組みです。

一瞬ですが、毛穴の中に高熱が発生するため、痛みを感じるのですね。

感じる痛みの強さは、部位によって違いがあります。

では今回の主役、胸毛はどうかというと、残念ながら痛みが強い方の部位に入ります。

 

脱毛の痛みが起きる仕組みとは?

脱毛の仕組み上、光脱毛はメラニンの量に比例して、発生する熱も高くなります。

そのため、太いムダ毛が密生して生えていることの多い胸毛は、単位面積あたりに発生する熱がどうしても高くなるわけです。

胸毛の場合は、太い毛が比較的密生しているということの他にも、痛みが強くなる条件があります。

それは筋肉が薄いため、皮膚の下に骨がじかに接する部分があることです。

胸板の真ん中はちょうど谷間のように筋肉の層がほとんどなくて、皮膚の下にすぐ胸骨があるのが、触ってみるとわかりますよね。

骨そのものには痛覚がないのですが、骨を覆っている骨膜に知覚神経が多く通っています。

そのため、熱の刺激を痛みとして感知します。

 

胸の筋肉量が多いと痛くない?

6パックの男性

「大胸筋を鍛えて分厚くしているから大丈夫!」と自信を持っている男性もいると思いますが、実は、筋肉量が多いのも、これまた違う理由で痛みを感じやすくなる要因になります。

筋肉量が増加するとその分血流も増加し、体温が上がりますよね。

体が温まると、知覚の働きが鋭敏になるのです。

胸部は心臓に近いこともあって、比較的体温が高く、つまりもともと痛覚が反応しやすい部位です。

筋肉量が多いと、その傾向がさらに強まることになります。

要するに、体が細くても太くても、どちらにしても、胸毛脱毛は痛いのです。

 

痛みをやわらげるための対策

エステティシャン

何だか必要以上におどかすような内容になってしまいましたが、脱毛の痛み対策はちゃんとあるので、ご安心ください。

エステサロンでの光脱毛の場合は、患部を冷やすことで、痛みをやわらげることができます。

出力の高いレーザー脱毛は、冷やしただけでは痛みが残りますが、光脱毛は、氷でしっかり冷やせば、ほぼ無痛で処理することができます。

サロンでは、施術時には冷却ジェルを塗りますし、施術後には、冷たいタオルや保冷剤などで丁寧に冷やしてくれますので安心してください。

また、ちょっと痛いなと思った場合には、エステティシャンに伝えれば、脱毛の出力を弱めてくれますよ。

くれぐれも男性なのに「痛い」と言うのが恥ずかしい、などと我慢せず、すぐに相談するようにしましょう。

 


 

以上、脱毛エステサロンでの、予約から施術後までの流れをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

胸毛脱毛について、具体的にイメージできるお手伝いになったら幸いです!

 

◆胸毛処理、お手軽にできる自己処理いろいろ

とはいえ、やっぱりエステでの胸毛脱毛は、

  • 痛みがコワい
  • 恥ずかしさを克服できない
  • お金が……

 

という方もいらっしゃるかもしれません。

そこでここからは、胸毛の自己処理についてご紹介していきます。

 

おすすめNo.1! 除毛クリームで溶かす

胸毛を自己処理でツルツルにしたいなら、いちばんおすすめなのは除毛クリームです。

下の画像は、当サイト管理人(男性)のすね毛を、除毛クリームで脱毛したときのものになりますが、除毛クリームを塗って10分程度放置するだけで、ムダ毛をゴッソリ除去できているのがおわかりいただけると思います。

すね毛を除毛クリームで脱毛

除毛クリームは、アルカリ剤の配合されたクリームを、脱毛したい箇所にを塗り、毛のタンパク質を分解します。

ムダ毛を溶かすことで、除毛するという仕組みです。

皮膚の表面に伸びた部分だけを除去するのはシェービングと同様ですが、毛先が鋭利にならないのでチクチク感がなく、肌へのダメージもカミソリで剃るよりは少ないと思います。

お手軽にできる自己処理方法の中では、

  • お手軽さ
  • かかる時間
  • 毛がまた生えてくるまでの期間
  • 肌への負担
  • すべすべ度

 

などを考慮すると、総合的には除毛クリームが一番優れていると思います!

処理する際は肌が濡れていない状態で、皮膚が隠れるように多目の量をしっかり塗るのがポイントです。

 

デメリットは?

デメリットを挙げるとすれば、毛と一緒に皮膚のタンパク質も溶解するため、除毛時に少々ヒリヒリすることがあるということでしょうか?

とはいえ、よほどお肌の弱い人でない限り、ほとんど違和感は感じないと思います。

お肌の弱い方は、パッチテストを行ってから使うと安心ですね。

除毛後は乾燥しないように、保湿などのお手入れを行うといいでしょう。

 

抜く(毛抜き、脱毛テープ、ワックス)

毛抜きを持つ男性の手

胸毛を毛根から抜くのは、カミソリで表面だけ剃るよりは効果が持続します。

簡単な方法としては

  • 毛抜き(ピンセット)で抜く
  • 脱毛テープ
  • 脱毛ワックス

があります。

ワックスの方が、ムダ毛を根元から固めるのでしっかり処理することができます。

脱毛ワックスシート

 

デメリットは?

抜く自己処理のデメリットは、なんといっても痛いこと。

また、毛根からきれいに抜けずに、途中で毛が切れてしまうことがあります。

その場合、毛穴の中で毛が成長してしまったり、埋没毛ができやすくなってしまうことも難点です。

埋没毛ができると、その部分が炎症を起こして膿を持ったり(毛嚢炎)、治りが悪いとシミになってしまうこともあります。

たまに、ガムテープで処理しようとする豪快な男性がいますが、肌を傷めますし、ダメージの割りに毛が抜けないので、やめてくださいね。

 

カミソリやシェーバーで剃る

カミソリで胸毛を剃る

カミソリやシェーバーは、やはり一番お手軽な自己処理といえます。

男性・女性ともに、ムダ毛はカミソリで剃って処理しているという方は多いですね。

しかし胸部は広いので、カミソリで剃っていくのは大変かもしれません。

髭剃り用のシェーバーを使うと、手間や怪我のリスクを軽減できると思います。

 

デメリットは?

ただし、伸びた部分をカットするだけなので頻繁に処理する必要があります。

また、毛の切り口が鋭利になるため、少し伸びるとシャツの繊維に絡んだり、生地から突き出て不快な思いをするというデメリットもあります。

乳首を間違って傷つけるのも怖いですね。

また「ムダ毛を剃ると濃くなる」というウワサが気になっている人もいるかもしれません。

この件については、後半に詳しくご紹介します。

 

家庭用脱毛器

最近は家庭用脱毛器が発達して、脱毛サロンと遜色ない効果がある機器も手に入るようになりました。

しかし、やはり機器によっては、購入に結構な金額がかかります。

ムダ毛処理にお金や手間をかけることに、どうしても抵抗がある男性もいるかもしれません。

 

◆胸毛を剃ると濃くなるってホント!?

男性の胸毛

気になる「胸毛」……Tシャツを着るときだけでも除去したいですが、

「ムダ毛を剃ると、だんだん濃くなってしまうんじゃないの?」

というウワサを気にしている人はいませんか?

濃くなるのがいやで結局ずっと放置している男性も多いのではないでしょうか。

 

胸毛を剃ると、本当に濃くなるの?

 

「毛を剃ると、剃った分濃くなってしまう」

 

というウワサは広く知られています。

でも一方で、これはいわゆる俗説で、根拠がないという話も聞かれます。

いったいどちらが正しいのでしょう?

 

真相は?

基本的には、カミソリやシェーバーで剃ったからといって、毛が濃くなることはないといわれています。

毛先と比べると根元に近い方はやや太くなりますから、途中でカットすると剃り跡が黒く目だって見えるため、濃くなったように感じられるそうです。

 

実際に濃くなってしまうケース

ですが、剃ることで本当に毛量が増加してしまう場合も、実際にはあります。

それは、肌や毛穴などがダメージを負った場合です。

体毛というのは肌を外部の刺激から保護する機能を持っているため、ムダ毛処理で肌を傷めてしまうと、その部分の毛が濃くなる確率は高くなります。

また、1つの毛穴から2本の毛が生えているのを見たことはありませんか?

毛を抜こうとしたときに、毛根に強い力が加わって、毛のもとになる毛母がちぎれたりすると、毛が複数本に増殖して生えてくることがあるのです。

 

◆胸毛を剃っても濃くならない剃り方のポイント

男性用カミソリ

胸毛を剃るときに、こんなふうに気をつけながら剃れば、剃っても濃くならないそうです。

ぜひカミソリやシェーバーで剃る派の方は、以下のポイントに注意して剃ってみてください。

 

身体を温める

胸毛を剃る前に、お風呂につかったり、蒸しタオルをあてたりして、身体を温めましょう。

毛をやわらかくする効果もありますし、表皮は水分を含むと柔軟性を持つので、カミソリを当てても傷つきにくくなります。

 

シェービング用のジェル、クリームを塗る

刃の滑りをよくして、肌に強い力が加わらないようにします。

 

毛の流れに沿って剃る

毛が長い場合はハサミでカットしてから剃るとスムーズですし、負担も少なくなります。

 

同じ箇所に何度も刃をあてない

きれいに剃ろうとついやってしまいがちですが、肌へのダメージはとても大きくなります。

剃り残しはあとでチェックして、そこにだけ刃をあてるようにしましょう。

 

冷却・保湿する

気をつけても、角質はある程度削れてしまいます。

そうなると肌の水分が蒸発して乾燥したり、外部からの刺激でかゆみ・赤みなどのトラブルも起きやすくなります。

 


 

カミソリを使うときだけでなく、シェーバーで処理するときもこれらに注意すると、肌のダメージを抑えることができます。

ぜひ、試してみてくださいね!

 

◆乳毛を自己処理する場合の注意点

乳毛

男性が胸毛を脱毛するときは、胸毛だけでなく、乳輪に生えているムダ毛や、乳首周辺のムダ毛の処理も必要になることもあるかもしれません。

俗に、「乳毛(ちちげ)」とも呼ばれている毛のことです。

メンズサロンでは乳毛脱毛は必ずメニューに入っているのでそちらに通ってもいいですし、抵抗がある方は家庭用脱毛器で処理することも可能です。

ただし、トラブルが多い部位なので、自己処理する場合は十分な注意が必要です。

 

家庭用脱毛器での火傷に注意!

家庭用脱毛器を使う場合に、たまに、カートリッジの照射口を乳首全体にあてて丸ごとライトを照射する方がいます。

しかし、このような使い方はとても危険ですので注意してください。

光脱毛はライトの、色の濃いものに反応して発熱する性質を利用しています。

肌とムダ毛のコントラストが明確な部分は、色の濃いムダ毛に熱が集中するため火傷することはありません。

しかし、乳首のように地の色素が濃い部位に照射すると、ムダ毛と一緒に肌にも熱が加わり、火傷の状態になってしまいます。

この場合、火傷をしてもすぐにわかりやすい症状が出ないことがあるのも、厄介な点です。

 

どんな症状になるの?

熱いものに触れてしまったときは、その部分が白くなったり、水ぶくれができる、ヒリヒリ傷むといった症状が出ます。

しかし脱毛器の火傷はそのときは目立った症状がなく、翌日になる強い痛みやかゆみに襲われる傾向があります。

症状としては、低温火傷に近い感じかもしれません。

 

どうやって予防すればいい?

絆創膏

絆創膏やテープでカバーしよう

乳毛を処理するときは、ムダ毛のない部分は絆創膏などでガードすることをおすすめします。

テープで保護する方法は、脱毛サロンでほくろなどを隠すのにも使用していますから、安心です。

 

男性の多くは、子供の頃にプラモデルを作って遊んだ経験があると思います。

塗装をするとき、色をつけたくない部分にマスキングテープを貼ってから塗料を塗りましたよね。

あれを思い出して、乳首にテープなどを貼ってみてください。

ガーゼを留める医療用テープや、または女性用の二プレスを流用する方法もあります。

 

ただし、どちらの場合も白っぽい色のテープを使ってください。

色の濃いテープだと、ライトがテープの色に反応し、熱くなってしまうリスクがあります。

 

脱毛時には、保湿クリームでなどは塗らないこと

では、保湿クリームをたっぷり塗ってカバーするという方法はどうでしょうか?

調べてみたところ、脱毛器を使う際は、肌に何もつけていないことが前提になります。

クリームなどを塗ると、その成分が熱で変質し、肌トラブルにつながる可能性があるためです。

脱毛時には、化粧水や保湿クリームなどを塗らずに行うようにしてください。

 

◆まとめ

以上、男性の胸毛の脱毛と自己処理についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

あなたの胸毛の分量や、胸毛脱毛にかけられる時間や予算に応じて、ベストな方法を選択してくださいね!